気仙沼・面瀬(おもせ)地区から復興へ向かう被災地の日常をつらつらとお伝えします。

 

お伝えするのは、日本ホスピス在宅ケア研究会(略称:日ホス)のボランティア・スタッフです。

 

日ホスでは、面瀬中学校体育館の避難所生活に対しても支援活動を行ってきましたが、仮設住宅に移ってからも、様々な問題を抱える被災者の立場に立って、支援活動を継続しています。

 

そして、それを支えてくれているのは、全国から駆けつけてくれるボランティアスタッフです。

 

地道な活動ですが、被災者の体と心の健康を支えることができるよう、今後も活動を継続していくつもりです。

 

皆様の、ご理解、ご支援、ご協力にこころから感謝いたします。

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから